竹とうろうの会とは
About Taketoro-no-Kai

 2017年の福島市飯坂「パルセいいざか」で行った福島市制110周年記念イベント「第12回義経・与一・弁慶・静・継信・忠信合同サミット」開催時、義経四天王の佐藤継信・忠信兄弟ら佐藤一族の菩提寺である医王寺では、全国からのお客様に対し素敵な竹灯籠でお出迎えする事を計画。 義経サミットの前日夕方から境内を幻想的な竹灯籠の灯りで立ち寄った観光客をお出迎えしました。
 来場者からは「とても素敵です」という声が多く、終わった後も「この竹灯籠づくりをもっと続けていきたい」という意見が多くでたので、有志が集い本事業の団体である「竹とうろうの会」を発足する運びとなりました。
 そして「竹とうろうの会」は、「人と人との交流」、「地域住民の活動及び活躍の場の創出」、「観光資源の創造とまちづくり」をテーマを作り、地元飯坂はもとより福島の観光活性化に繋がる団体になることを目的として活動していきます。



設 立

平成30年4月1日


事務局

〒960-0231 福島県福島市飯坂町平野寺前45 TEL.024-542-3797


主な活動

「竹灯籠づくり体験」「出張竹灯籠づくり体験」「竹害対策支援活動」


役 員

代 表 佐藤雅也
副代表 丹治由美子
会 計 齋藤栄敏



「竹とうろうの会」 運営規約

第1条(会の目的)
団体の活動を通して「人と人との交流」、「地域住民の活動及び活躍の場の創出」、「観光資源の創造とまちづくり」をテーマに、地元飯坂はもとより福島の観光活性化に繋がる団体になることを目的とする。

◉「地域住民の活動及び活躍の場の創出」
本事業に賛同頂き参加頂く有志の方々が、やりがいを感じながら活動頂ける機会を作る。子ども達の自然素材を利用した創作学習(体験学習)や『竹害(管理できていない竹林等)対策』として地域にお役に立てる団体になること。

◉「人と人との交流活性化」
竹とうろうの会の講師やお手伝い頂く方々同士と参加者との交流や、子ども達と地域住民とのコミュニケーションの場を創出し、人と人との絆や地元愛をより深める機会を作り上げる。また交流を通して飯坂や福島の歴史や文化を伝えていく。

◉「観光資源の創造とまちづくり」
本事業を地元飯坂のアクティビティとして確立させ、飯坂温泉の観光資源(アクティビティ)やまちづくり(景観づくり)の一つとして一役買うことができるよう努める。

第2条(名称)
この会の名称を次ののとおりとする。「竹とうろうの会」
第3条(事務局所在地)
この会の事務局を右記に置く。〒960-0231 福島県福島市飯坂町平野寺前45
第4条(会員)
人と人とのふれあいを大切にし、地域貢献と活動に対して意欲的あることを参加の条件とする。
第5条(役員)
この会に右記の役員を置く。代表1名、副代表 1名、会計1名
第6条(役員の任期)
役員の任期は2年、(平成32年)年3月31日までとする。
第7条(代表)
代表は会を代表し、円滑な運営に努める。副代表は代表を補佐し、代表が欠員のときは代表の職務を遂行する。
第8条(運営)
おおむね年3回の勉強会を開催する。重要事項については、会員による運営会議を行い円滑な業務遂行に努めるものとする。運営会議の議事は、出席者の過半数の同意をもって決定する。
第9条(会費)
会費は、原則なしとし、参加者負担金を財源に運営費用として充てるものとする。
また、協賛金・寄付金・助成金等が発生した場合は、それらも運営費用として充てるものとする。
第10条(規約改正)
この規約は、会員の過半数の同意をもって改正することができる。


お問い合わせ
  竹とうろうの会
 〒960-0231 福島県福島市飯坂町平野寺前45
 TEL.024-542-3797